ブックスタートとは

赤ちゃんは、親やたくさんの周りの大人と一緒の時間を過ごし、愛情に満ちた「ことば」を語りかけられることで、幸せを感じ、すくすくと成長します。また、赤ちゃんとゆっくり心ふれあう時間を持つことは、大人にとっても心安らぐ子育ての時間になります。絵本はこのような時を、ごく自然に作り出すことができます。地域の赤ちゃんと保護者を対象に絵本を手渡すことで、楽しくあたたかい時間をもつきっかけづくりをすすめていく活動が、「ブックスタート」です。
IMG_51042.jpg

 

市川町のブックスタート

市川町では、平成19年度よりブックスタート事業を実施しています。具体的には、保健福祉センターで行なわれる7・8ヶ月児育児相談時に赤ちゃんと保護者に絵本を手渡し、読みきかせのアドバイスをします。絵本を介して赤ちゃんと保護者がふれあう時間を持つきっかけづくりのお手伝いをします。そして下記のブックスタートパックをお渡ししています。当日は、図書館にある赤ちゃん向け絵本も一部用意していますので、手にとってご覧ください。
IMG_5196-2.JPG
  • 絵本
    『くだもの』 (平山和子/さく)
    『じゃあじゃあびりびり』 (まついのりこ/さく)
  • ブックスタート イラストアドバイス集
  • 図書館おすすめ赤ちゃん絵本のリスト
  • 図書館だより(子ども向け・一般向け)
  • 図書館カード申込書(同上)
  • 図書館利用案内(同上)
  • コットンバッグ

 

赤ちゃんと絵本を楽しむために

0歳から図書館カードをつくって頂けます。児童コーナーに赤ちゃん向け絵本もたくさんありますので、是非ご利用ください。
[写真]えほん

 

子供向け行事